広告




火まつりの日(53話)/ スカーレット日記

何でしょうこのモヤモヤは。ジョージさんの行動は理解しがたいです。たとえ丸熊をクビになったとしても、なんで喜美子に怒るのか?怒るなら会社でしょう?…でも一般的にこのパターン多いですよね。そもそも絵付け師になったことが悪い…とか言うんでしょうか?深先生が人員整理されたのは正しいので、世間を知らないの喜美子なのかもしれません。悔しいところです。
運送の仕事がきついとか、楽しいと思ったことは一度もない…と、仕事とはどういうものかを喜美子が知らない視点でぶつけてきます。喜美子が甘いのか?仕事観が全く違います。
また、こんな時に百合子のことを引き合いに出して、大学に行かせてやりたい…って本当かな?と思ってしまうのですが、全てこれまでのジョージさんの行動からです。(この辺り脚本はどこまで狙っているのかが微妙です)
そして最後には、深先生を慕うなら「今すぐ出て行ってくれ」と言います。どれほどのことにせよ、これは子供が親に言うセリフですよね^^;ジョージさん喜美ちゃんに甘えてるんでしょうかね?そんな風にもみえます。
ただ、喜美ちゃんは火まつりで決心をしました。何を決めたのでしょう。家を出るのでは?と思います。百合子はかわいそうですが、これでジョージさんも立派に独り立ちできるはずです…違うかな^^。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ