広告




やまと尼寺 最終回と慈瞳・じとうさん、まっちゃんが、音羽山観音寺を下山して心配になることいいろいろ(精進日記 )

やまと尼寺 最終回と、慈瞳さんとまっちゃんが下山して心配になることいいろいろ

2020年の3月、突然最終回になってしまった「やまと尼寺精進日記」ですが、それから数ヶ月、NHKでも過去の放送を再放送したり、新しい編集で「やまと尼寺 四季ごよみ」というシリーズを始めたりと、いまだ余韻が続いてファンとしては嬉しいのですが…。

先日(6月下旬)、まっちゃんのブログで「音羽山を降りました…」という投稿があり、その後ファンの方の書き込みで慈瞳さんも同時期に下山されたということがわかりました。
なんというショックでしょうか。
ご本人たちに何かを求める訳ではありませんが、音羽山観音寺からお二人がいなくなって、番組のあの世界がもうそこには無い…と思うと、とても寂しい。

そういえば3月の最終回、みんなお着物を着ていつもと違ったお茶会があったり、見晴らしのいい音羽山展望台で村の皆さんと一緒におにぎりをほうばるお三人…今思うと特別感があります。そうだったのか…。

慈瞳さんはカウンセラーの道へ、まっちゃんは作家活動へ…とのことで、それぞれがんばって欲しいと思います。
慈瞳さんには、音羽観音寺を継いで欲しいとか、まっちゃんはお手伝いという身分でなかなかお勤めを続けるのは難しかったのかもしれませんが、音羽山観音寺なら可能だったかも…というファンの我儘も、思いは尽きません。
しかし、番組のファンになってからは、この世界はいつまで続けられるのだろう?と、こころのどこかで心配していたことも確かです。
(慈瞳さんが山を降りるとなれば、慈瞳さんに誘われてお寺に来たまっちゃんとしては、私も今後を考える…ということになったのかもしれませんね。)

ただ、なんで二人一緒に…と思ってしまうのですが、よくよく考えると、急にお二人が下山する…ということはないと思うので、何ヶ月か前から相談して決まっていたのだろうと考えられます。もしかしたら、すでに後任の方がおられたりして…だとすればちょっと安心。
というのも、あの三人がいない観音寺も寂しいのですが、ご住職もお一人で寂しいというか、心配になってしまいます。
縁もゆかりもない私が心配しても仕方ないのですが、これまで3人でやってきたお寺の仕事をそろそろ高齢なご住職一人でどうするのだろう?というのが素朴な心配です。

これまで、番組でお寺の暮らしをいろいろ見てきたので、あれはどうなるのだろう?…と。犬の散歩は?大雨がふったら?発電機は?風呂は薪風呂だし、お客さんの対応は?精進料理の予約電話がひっきりなし…って聞いたこともあります。まっちゃんや慈瞳さんにはお手伝いに行って欲しい…と思ってしまうファン心理です。

ただ、これまで以上に村の方・信者さんも助けてくれるだろうし、出来ることだけをやっていく…というご住職の考えもあるので無理はされないと思いますが…。とにかく、あのお山の上に一人きりというのがとても気になって仕方ありません。

30年かけてご住職が作り上げた音羽山観音寺は偉大です。
最終回を迎えた今は、NHKの再放送を録画して3人の音羽山観音寺を可能な限り手元に残しています。よく見直しては、あの世界に浸り気持ちをリフレッシュしています。
そして、ご住職が新しい音羽山観音寺を作られることを楽しみにしています。

(追記)
しかし… NHKさん。慈瞳さん、まっちゃんの下山のシーンは取材してるでしょうね。取材まで行かなくても、誰かが同席していくらか撮影はしているはず。それからの音羽山観音寺、ご住職が一人のお寺の暮らし〜下山のこと、それからの二人のことなど、いつか良いカタチでまとめて欲しいですね。そして年に2回くらいで続けて欲しい。

twitterの投稿を辿ていると、「お寺に行ったが、人が多くてゆっくりお参り…という雰囲気ではなかった」という投稿がありました。これを見ると、番組で人気が広がって、いろいろな意味で番組収録も限界だったのかな?とも思えます。

 
・「やまと尼寺 精進日記」 まとめ(webサイト、twitter、インスタなど)
http://kokaindex.sub.jp/radio/?p=3202

・【やまと尼寺精進日記】まっちゃんのホームページが出来てる!Instagram、Twitterも。
http://kokaindex.sub.jp/radio/?p=3428

・ネットショップ anicca(なごみ創作家まっちゃん)
https://clubt.jp/shop/S0000100219.html

 
▼やまと尼寺精進日記 まとめ
http://kokaindex.sub.jp/radio/?p=3202

▼やまと尼寺精進日記 カテゴリー
http://kokaindex.sub.jp/radio/?cat=63


31日間無料トライアルの特典 ◆見放題作品が31日間無料で視聴可能(最新作はレンタル配信(個別課金)となります)◆600円分のポイントプレゼント(DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能。)◆追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ