広告




深野組解散〜!(52話)/ スカーレット日記

絵付け係のみんなが、ばらばらになるのは寂しかったですね。兄弟子たちはあまり出番が多くなかったのでその分ショックは小さいですが、喜美ちゃんは深先生について3年、ようやく仕事になると思った矢先でした。社長が亡くなることで大きな場面転換が行われました。
喜美ちゃんは最後まで真相を知らないままでしたが、八郎さんからそれを聞くことでお互いの理解は深まりました。ある意味ジェットコースター効果ですね。
真相を聞いた喜美ちゃんは、深先生が思いも寄らない挑戦を決めていたことに、驚き、焦り、不意を突かれ、自分はすぐに何をしないといけないのか!?と頭の中は高速回転したことでしょう。そして改めて深先生が信楽を離れることを実感し自然と涙が流れました。
深先生は職人といいながらとても優しい師匠でした。喜美ちゃんを最後にしたけれど「残るはきゅうちゃんや…」と言ってくれた時なんだか嬉しくて涙が出てしまいました。
それにしても、番頭の加山さん嫌な役ですね^^;役者さんに同情します。でもあの喋り方本当にイヤになります(笑)


31日間無料トライアルの特典 ◆見放題作品が31日間無料で視聴可能(最新作はレンタル配信(個別課金)となります)◆600円分のポイントプレゼント(DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能。)◆追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ