広告




朝ドラ「スカーレット」第60話 どう考えても好きやった。

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログåv
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
喜美子は、八郎に手助けしてもらいながら初めて湯飲みを作り上げた。できた湯飲みに興奮する喜美子。
「言うたらなんやけど、天才ちゃう?…案外ちゃっちゃとできるもんねんな…これ素焼きしてつけしよか…」とはしゃいでいると。八郎は湯飲みをにぎり潰してしまう。
驚きの喜美子。全く笑っていない八郎「はい、も一回。つぎは一人で。何回もやるんよ。さっt、練習、練習」と容赦ない。喜美子も気を取り直して素直に「はい!」と答えると、八郎も笑顔に。

しばらくそれぞれの作陶に励む二人。作業がすんで、喜美子が大切にしている陶器のかけらの話をします。室町時代のものだと言うと、八郎はえらく興味を示して見せて欲しいと言います。
早産して日曜日の明日、喜美子の家に見に行くことになりました。

翌日。川原家。喜美子が八郎を連れて帰って来る。直子に手紙を書いているマツ。常治と百合子は大野雑貨店の店じまいセールに行ったらしい。
マツは、喜美子が若い男性を連れて来たのでそわそわしている。
マツ「…(この人だれ?)」
喜美子「いうたやん、陶芸を勉強させてもらうて…」
マツ「えっ、こんな若い人?…」「娘がお世話になっております」とかしこまって挨拶をする。

喜美子が陶器のかけらを取りに部屋に入る。マツが八郎にお茶を勧めるが遠慮する八郎。喜美子に二人妹がいること、マツは5人兄弟で、八郎は兄弟の八番目…などと話をしている。

 

 
そこへ喜美子が戻ってくる。陶器のかけらを八郎に見せる。八郎は手を洗ってからかけらを見せてもらう。
八郎「うわ…ほんまに綺麗や…!」と驚いた様子。
喜美子「室町時代のもんやって…ほんまかな?」
八郎「いやあ、どうやろ…見たことない色や…どうやってこんな色出したんやろ…」と食い入るように見る。

 

 
八郎は、これは室町時代の釉薬ではなく、何も使っていない、土と空気と水と焼き加減だけで出した色だという。
喜美子「火の力?」八郎「せやな、二度と出せへん自然の色や…」
十分見てかけらを喜美子に返すも、もう一度借りて見返す八郎。

ようやく見終わり、今日はこれから「お見合い大作戦に」に行くという。喜美子は忘れていたよう。
八郎は「信作に言われて行くことになったが今はええ人が見つかればいいと思う…」と喜美子たちに告げる。
それを聞いて何かを感じている喜美子。ぼんやりとしておぼつかない様子。
八郎はいそいそと帰るのであっさりとお互い「さいなら」と行って家を出て行った。

 

 
マツは喜美子の変調に気づいたようだが、八郎のことを「漢字のええ人ね、あれならすぐにええ人みつかるんとちゃう?」と言う。
その時、喜美子の中で何かが溢れだしたよう、八郎が忘れて行ったハンカチを取ってすぐに家を飛び出した。
マツは驚くでもなく、全てお見通しであるかのように裁縫仕事をしている。

川原家を出て少し行った道端で八郎に追いつく喜美子。ハンカチを渡し何か言おうとするが言い出せない。
喜美子「一回しかいわんから、お見合い大作戦、いかんとってください!」
八郎「?えっ…」
喜美子「行かんとって、好きや!好きやねん、あんたのこと、どう考えてもよう考えても好きやった…」
二人「…」
喜美子「ほやけど…草間さんいう人がおるねん」
八郎「えっ、そういう人いはるんやったら…」
喜美子「ちゃうねん、草間さん、奥さん探してて、ずっと探してたけど、奥さん他の人と暮らしててん。その時思てん。結婚しててもこういうことがあるんやなあて。手を繋ぐより難しいことがあるんやな…」
八郎「…」
喜美子「ほやから、うち、結婚…」と言いかける喜美子の手をぐっと掴むんでそれ以上言わせない八郎。
八郎「離さへん、僕はずっと離さへん!」

 

 
八郎「だき…抱き寄せてもええですか?」
喜美子「あかん!」
八郎「なんで…?」
喜美子「泣くわ…」
八郎「!なんで…」
八郎はそっと喜美子を抱き寄せます。「あかん…」喜美子も八郎に寄り添い穏やかな表情に。

その時、二人がいる道を歩いてくる人影がありました。常治たちが帰ってきたのです、白昼の二人の抱擁シーンにばったり出くわした常治、百合子、信作はあまりのことに呆然とするのでした。

 

 

感想コメント

今日は一気に喜美子の恋が進展しましたね。今週はひたすら二人の恋を育んでいましたが、こんな一気にことが進むとは思いませんでした。しかし曲者はマツさんですね。ふだんは頼りないお母さんでしたが、恋愛事はよくお分かりのようで、八郎がお見合い大作戦に行くと言って動揺した喜美子の様子を見て、パパッと焚き付けてましたね。直子もマツさん頼るはずです(笑)。そして喜美子の気持ちが一気に溢れ出すシーン。喜美子が駆け出すと音楽が流れてハープがガーンと鳴る。見ていてすごく高揚しましたね。音楽ってすごい^^。とりあえずやっとのことで告白→両思いと一気に恋愛成就しましたが、来週からは陶芸でしょうか?その前にジョージさんがめんど臭そうですね…^^。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ