広告




朝ドラ「スカーレット」第9話 草間さんの奥さん

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

草間(佐藤隆太)が始めた柔道教室は好評。喜美子(川島夕空)は草間に信楽にいてほしいと頼む。しかし、草間は生き別れた大切な人を探すため信楽を離れるつもりだ。喜美子はそれを知り納得する。その頃、隣町で人さらい事件が発生するが、友達の照子(横溝菜帆)に何者かが忍び寄る。
参考:Yahoo!テレビ(https://tv.yahoo.co.jp/)

 

詳細ストーリー

信楽の田んぼで喜美子たち柔道部がランニングしている。道場に戻り練習が始まる。腕立て伏せ、受け身などのれんしゅう。信作は苦戦している。

帰り道の喜美子たち3人。照子は「ウチは三味線や踊りでしごかれてるから、へっちゃらや」「ウチ、夢ができて…」と、おもむろに喜美子、信作に耳打ちすると、「えーー」っとなる二人。「意外でしょ?ウチはきっとなるわ」と照子。
そこへ照子の母が呼びにくる「お三味線の時間やでー」。

「婦人警官ってなんやそれ?と喜美子。
信作の実家の大野雑貨店。喜美子と信作が新聞をめくっている。「婦人警官どこに載っとるん?」と喜美子。信作の母・陽子(財前直見)が古い新聞を持ってくる。そこへ父・忠信(マギー)が、あの手袋を持ってくる(子供には見えないところで)。陽子は「あかん、あかん」と顔で合図している。二人で部屋を出て行く。
「あかんて、直接渡せれへん、常治さん気ぃ悪するし」と忠信、「ほやかて、早よせな春になってしまうで」と陽子。どうやら常治から引き取った子供達へのお土産だった赤い手袋を喜美子に渡してやりたいよう。
「どっかこの辺に落としもんみたいにしといたら?」「キミちゃん拾たら、ええもん落ちてたなー、持っていきやー」って。「それでいこ!」と作戦を決める二人。忠男が店の表の通りにそっと手袋を置く。

新聞を見ている信作と喜美子。「あった、これや」と信作。「これが婦人警官?」と初めて見た喜美子。「狭き門って書いてる」「門が狭いんやな」
そこへ母・陽子がやってくる。喜美子が新聞を貸してくれるよう頼む。「キミちゃんもう夕飯の支度ちゃうの?」と帰宅を促す。「足元よー見て帰りや」と手袋を見つけさせたい夫婦。
そこへやってくるお巡りさん。さっき置いた手袋を持っている。「ありゃーとなる」大野夫婦。「これキミちゃんの手袋?」とお巡りさんが聞くが、「そんなもん持ってるわけないやん」と喜美子。がっかりする夫婦「で、なに?」と聞く。草津の方で人さらいがあったらしく、子供のいる家にお知らせに回っているらしい。

川原家。夕食を準備している母・マツ。喜美子が新聞を持ってくる。「ああ、殺到。婦人警官になりたい人がたくさんいて、選ばれた人だけがなれたんやね」とマツが説明する。「難しいんやね」と喜美子。「柔道やってたらエエって聞いたことあるわ」とマツ。「ほんまー!」嬉しそうな喜美子に勘違いしたのか、「喜美子が本気でやりたいんやったら、お父ちゃんにお母ちゃんから話たげるで…喜美子が婦人警官なりたいて」と。「ちゃうわ!」「カッコええけど、悪いことできひんし…」とへんな理由の喜美子。「夢や言うとったから…」とそれ以上口にするのを躊躇する。マツは「ああ、照ちゃんか…」とあっさり当ててしまう(笑)。

茶の間にいる三姉妹。喜美子が直子のために絵を描いてやっているよう。末の妹はもう立ち上がって見ている。
直子が「空からいっぱい、おみかんが落ちてくるねん」と、それを喜美子が絵に描き加えている。「ねーちゃん、ほんまの絵描きさんになったらエエのに」とかわいい直子。「絵描か…考えたこともなかったわ」「ウチには夢なんかないわ、それより大根がちゃーんと炊けたかのほうが大事や」と喜美子。
マツの大根が長けている。「お大根、おいしぃ炊けたで、食べよかー」とマツ。「はーい」と姉妹たち。

街の飲み屋さん。常治を真ん中に、草間、忠男と数人の男たちが飲んでいる。「柔道のおかげで最近子供達のいさかいがぐんと減ったのう。」「礼儀も正しゅうなって…」「それで、草間さんにお礼しよ思たんやけど受け取らへんから、物で返そう思て…」とと男たちが常時に話している。
「そしたら、いま間借りしてるお宅に不満がある言うて…」と言う。「ええ!?」となる常治。「どうしても備え付けて欲しいもんがある言うんで、みんなで買うてきましてん」と。すると忠男が包みを取り出し広げると、先日常治が返品したあのラジオだった。
「備えつけたってな」「これみんなの気持ち」とみんな。常治にラジオをプレゼントすることができた。複雑な顔でもどこか恥ずかしそうな常治。

早朝の森の中。草間と喜美子が焚き付けの枝をひらっている。「そーかー、草間さん東京戻るんか」と喜美子。「茶の間にあったの見た?」とラジオのことを聞く草間。「うん、見た…」(場面が茶の間に写り、起きてきた直子がラジオを見つける「あーあー」と興味津々に触っている)
「ラジオよりも、草間さんが居なくなるほうが衝撃やわ」と、東京へ戻る理由を聞く喜美子。草間は「人を探してるんだ。奥さん。」と。「えー!結婚してたん!」と驚く喜美子。4年前に先に満州から帰国した奥さんと、それ以来会えておらず、大阪は探したので今度は東京の知り合いや親戚を探そうということらしい。それを聞いた喜美子は「そーいうことやったら、はよ見つけな!4年も経って、はよ見つけんか!って今頃奥さんカンカンやわ!」と鬼のツノを真似して声を張る。

そんな喜美子に苦笑いする草間だが、「笑てる場合ちゃうでー」と喜美子。何かがこみ上げる草間、少し逃げ腰になる。
喜美子は「うん?」と、草間の様子がおかしいことに気づく。「どないしたん?」と喜美子が聞くと。草間は「キミちゃんならそう言ってくれると思ったよ」「うん?」「普通、大概の大人はね、4年も行方がわからないと、亡くなったって思うんだ」「もう生きていない、諦めた方がいいって」
「でもキミちゃんは、ちゃんと生きてるって思ってくれた。さっき、4年も経って、はよ見つけんか!って」
「見つけるよ、いつか必ず」と優しい表情の草間。「それが草間さんの夢なやね」と喜美子。
手帳から結婚写真を取り出し喜美子に見せる草間。覗き込み見る喜美子は「」ふーん、まあまあやな」と。
思わず吹き出す草間。泣き笑い。微笑ましい二人の時間。

山中の道を足早に歩く照子。振り返ると、後ろから見知らぬ男が追いかけているよう。不安な表情で逃げる照子。

柔道場で練習する喜美子たち。そこへやってくる照子の母。
焦っている様子で「すみませーん!」と。信作に「照子知らんけ?いいひんのです。照子がいなくなったんや…」と言うのだった。。

 

感想コメント

草間に結婚のときの写真を見せられるキミちゃん、じっくり見て「…まあまあやなっ」って。草間さんは意表を突かれて、驚くやら、笑えるやらで泣けてくる。この時のキミちゃんには、草間さんの奥さんの存在なんて思いもよらなかったので、驚き→焦り→強がった、のかと思います。ドラマのセリフで子供に写真見せてた場合、なにもなければ「ふーん」「綺麗な着物」とかいうセリフになると思うんですが、キミちゃんと草間さんの関係では、奥さんの登場はキミちゃんにとって思いも寄らない外の人。その人が草間さんに一番近い奥さん…ということで恋人ではないにせよ妬きもちを焼くようなセリフになったんでしょうね。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ