広告




朝ドラ「スカーレット」第87話 引き出物 皿200枚の発注

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
打ち合わせで喜美子が待つ喫茶サニー。橘がやってくる。
橘は、夫の仕事で神戸から信楽へ帰ってきた。八郎の活躍も知っているようだった。

昨晩、百合子と陽子が賑やかに飲んでいた「あかまつ」に、偶然、橘もいたようで百合子と信作の結婚の話を聞いていた。
大野夫婦は、喜美子の前で結婚の話が出ないように話題をそらすのに一生懸命。
喜美子は「百合子は、まだまだ嫁には出せない…」と言う。しかし「相手次第…自分を柔道で投げ飛ばすような頼もしい男なら…」とも言うのだった。考え込む大野の夫婦。
橘の話は、やはりまとまった発注だった。

 

 
喜美子が工房に帰ってくる。
八郎と松永が、楽しそうに大笑いしている。松永が描いたディナーセットの絵が美大卒とは思えないほど下手なのだ。
喜美子は、二人の盛り上がりについて行けず、不機嫌そうに「なあ、ディナーセットて何?」と聞く。
なのに八郎は、喜美子に取り置いた昼食を出す、喜美子はサニーでホットケーキを食べたとあっさり流す。
(用意した)松永がそれを片付けると行って母屋へ。

八郎が作っている食器に気づく喜美子「それ何?」。
八郎は、銀座の個展に食器を出すと言う。
喜美子は「休めばいいと言ったのに…橘さんの発注受けたで…」と。
八郎は「いまさら断れない…」さらに「銀座に下見に行く、松永さんと話して決めた」と言う。
松永から、東京でディナーセットという洋食器が流行っていると聞いたらしく、楽しそうにディナーセットについての構想を語る。

喜美子は「銀座の個展に食器を出すのか?(金賞をとった)ああいう作品を超える作品を作るのではなかったのか?」「だから、いまは休んで、心に栄養を与えて、できるようになったら作品を作ればいいと考えていたのに…間違うてる?」と嘆くように言う。
「間違うてないけど…今は、」「そこにこだわってたんちゃうの?!」と話しが途絶えてしまう二人。

八郎は「今は、結婚前の作風に戻ろうと思う。それがいいか正しいかはわからんけど…」と。
その言葉の意味が深く(目の焦点が合わず)驚きを隠せない喜美子。
「それでも東京へは一緒に行く、橘さんに頼まれた仕事も今すぐやればできる」と言い、喜美子は工房を出る。

工房を出ると松永が立っていた。(少し敵意もあるのか?)複雑な表情。一部始終を聞いていたよう。
喜美子は、空を見る松永に「人ってなんで空見あげる時、口あけんねやろな」と小さく笑って行く。

 

 
八郎は作業を止め、喜美子を追って離れに来る。
少し涙を拭きながら打ち合わせのノートをめくる喜美子。
「引き受けてきたんやろ?」八郎が受注の内容を聞くと、それは結婚式の引き出物・5枚セットお皿40組だった。
喜美子は「今の自分なら1日でできる」と言うが、八郎は「電気窯は一つしかないのに、どうするつもりか?」と呆れたように問いただす。

喜美子はその場で打ち合わせをして、描いてきたという絵付け皿のデザインを見せる。
久しぶりの絵皿を納得いくまで作りたい…と言う。
八郎は、「ええやん、喜美子らしい可愛いいお皿や」と言い、すぐにかかるように言う。少し表情が緩む喜美子。
喜美子は「でも東京にはついて行く」と言うが、「今は二人それぞれのことをやろう」と八郎は言う。
八郎の優しさを理解しながらも、不安が募る喜美子だった。

 

感想コメント

どんどん夫婦の道が外れていますね。出来事も運が悪いです。八郎が離れて行くようで、今は一緒にやりたい喜美子と、喜美子と距離を置いて創作をしたい八郎。この状況では二人別々に作業するしかない、しかし「別々にやろう」と言われてしまうと決定的なすれ違いを感じて不安な喜美子。
そして、不安の元である松永さん。工房の外で夫婦の話を聞いていたようですが、喜美子が「芸術作品にこだわってたんちゃうの!」と八郎に押さえつけるように言っていたのを聞いてどう思ったでしょう?おそらく八郎の立場に立って喜美子に反感を感じたのではないでしょうか。弟子であろうが関係なく行動しそうな松永さん、ちょっとコワイですね。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ