広告




朝ドラ「スカーレット」第90話 あの日を取り戻すために…

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
子供ができたと言って、お金を借りに戻って来た直子と鮫島。マツが直子の妊娠の嘘を見破ってしまい、直子は開き直ってお腹から砂袋を出して投げ捨てる。
静まり返る一同の中で、鮫島は自分が悪い、発案したのは自分だといって土下座をする。
しかし、喜美子は「なんやこれ?」といたずらを咎めるように、直子の嘘を冗談にする。百合子と三姉妹で笑いあうのだった。

川原家の女性たちが縁側で昔話をする。出てくるのは嫌な思い出ばかりと笑う。
思わずマツの声も出る。
喜美子も百合子もお金を出すと言う。二度とあんなことはするなと言い、直子は「ごめんなさい」と謝る。
そこに電話がかかり、喜美子の次世代展の結果は落選だったとわかる。

 

 
工房。八郎と松永。東京の出張の手配を松永がすることに。松永は自分を連れて行けと言うが、八郎は女の松永を連れていく訳にはいかないと言う。松永は「五泊も一緒にいたら先生のこと襲っちゃうかも」とふざける。

鮫島がマツと喜美子に話す。「お金は必ず返します。直子と一緒になろうと考えている」と言う。マツは「許さない…今は」と言う。
鮫島は、ありがとうございます!と礼を言う。

工房に喜美子が来て、直子のことを報告している。次世代展に落選したことも。
八郎は「大丈夫?どうしても入選したかったんやろ?」と喜美子を気に掛ける。
喜美子は、また「夫婦ノート」を始めようと言う。
「東京に行ってる間に二つ三つ書いとくわ」「書いとけ、書いとけ」と二人。

 

 
八郎が東京へ行って、入れ違いに喜美子の皿が戻ってくる。
喜美子は夫婦ノートに、こんな風になったらええな…ということを書きしるした。
「新しい作品。作る。陶芸展に出品。金賞受賞。ハチさん喜ぶ。うちも喜ぶ…」
集中して作品を作り始める喜美子。

 

感想コメント

なんだか、不安定なまま見せかけの平穏が訪れてます。ヤキモキします^^。
八郎に絡む松永さんが意地悪です。ちゃんと修行しなさい!
喜美子の不安は持ち越してるので、夫婦関係を元のように戻すために金賞を狙います。そしてハチさんも喜ぶ…という筋書きなのですが、そっちへいくのは危ないですね。金賞とってしまったら夫婦関係はまずい方に行くかもしれない…ということが喜美子にはわかりません。これがすれ違いです。しっかり者のきみちゃんですが、こう言うところが幼いですね。圭介さんにおはぎ作ってあげたの思い出しました(涙)。
直子は良かったですね。ジョージさんがいなくなって、もう「嘘なんかつきやがって、勘当じゃ!」ってこともないでしょう。姉妹なんだから、ざっくばらんに相談すればいい。みんな大人になりました。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ