広告




朝ドラ「スカーレット」第112話 小池アンリさん。

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
武志は信楽に帰ってくるも、すぐに部屋を借りて出ていった。
自分で、部屋を手配し、バイト代と生活費を計算して大丈夫と説得した。
喜美子は、また一人の暮らしになる。

喜美子の作品は、今や最低5万円の値段がつく。
喜美子は4,000円と値付けするが、住田が5万円と書き直す。
「なめられまっせ、こんな値段」と言う住田。
そんな状況に、喜美子は悩んでいるよう。

そんな川原工房へ見知らぬ女性がやって来る。
滋賀で有名な紡績会社の娘で、小池アンリと言う。
女性陶芸家の喜美子に会いに来たらしい。

工房に案内されて、非売品の作品を売って欲しいと言うアンリ。
喜美子は非売品だからと断るが、30万円でどうか?と言う。
喜美子は「100万円です」とごまかし帰らせた。

楽しそうに、そんな話をする喜美子とちや子。
川原家にちや子が来ている。
ちや子は、地元で市会議員に立候補して当選したのだった。
その報告とお祝いで信楽に来ているよう。
百合子、後援会の住田が同席して夕食を囲む。

その夜、居間に大の字になって寝転ぶ喜美子とちや子。
「ちや子は変わらないが、自分は変わってしまった…」と嘆く喜美子。
「一足12円の内職やってたのが、今は一個5万、30万で売れたこともあります…」と。
ちや子は、「明日、大久保さんが現れて、4時半起きで、内職持って来たらできる?」と聞く。
喜美子は、「やります!」と答える。
「ほな、戻れるやん。きみちゃんは変わらへん」とちや子。
「はい!」と喜美子。

その後、流行りの顔パックを試す二人。
白塗りと、キウリのパックをして楽しそう。

翌朝、ちや子が帰る。
パックをやりすぎた二人の顔は、赤く腫れている。
それを笑いながら、「女性陶芸家さん、がんばり」「がんばってください、女性市会議員さん」と言い、
「女性は余計や!」と二人で声を合わす。
そうやって、ちや子は帰って行った。

喜美子が工房で作業していると、またアンリがやって来る。
今度は100万円用意して来たから、例のツボを売ってくれと言うのだった。

 

感想コメント

小池アンリさん。キャラが濃いで拗ね。どんなふうに絡むのか楽しみでです。
ちや子さんは、いきなり市会議員になっていました。ドラマなどでは議員って漠然といい印象がないので、ちょっと驚きでした。
まだまだ、喜美子の周りが寂しいのでもっと賑やかになって欲しいですね。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ