広告




朝ドラ「スカーレット」第139話 全滅やな

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
県立病院で検査の結果を聞く喜美子。白血球の型は一致しなかった。
落ち込むが、体操をして元気を出す。
大崎は、喜美子に患者の会というものがあることを教える。

武志はバイト先に。店長に入院のことをはなし、バイトを続けたいと言う。
店長は「こっちは大歓迎や」と答える。

川原家。喜美子は、血液検査の結果がダメだったと武志に伝える。
武志も気を遣ってか、反応は抑えめ。
改めて「検査受けてくれてありがとう」と言う。

喜美子の陶芸教室。
今日は子供達が来ている。
節分の豆まきを始めると、八郎がやって来たので八郎に鬼をやらせる喜美子。
豆まきする子供達。

血液検査の結果が玉だったことを伝える八郎。
八郎は、ショックが大きいようで、不安を口にする。
それを見て喜美子は、「これから、後ろ向きなこと、情けないこと、しんどいこと…言うたら罰金とろ」と、八郎に喝を入れる。

川原家。喜美子と八郎、照子、信作、百合子が揃っている。
みんな血液検査を受けてくれる。
照子は、敏春にも声をかけ、信作は役場でも声をかけてくれる。

武志のバイト先に、学と大輔が呼ばれて来ている。
てっきり武志と真奈が付き合い始める…ことかと思い、クラッカーを用意して来た二人。
武志は、白血病だと告白する。
嘘やろ?こんなに元気やん?…と、二人は突然のことに信じられない。
しかし、「絶対治る!」と強引に武志を元気づける。

喜美子が、ドナーの血液検査に協力してくれた人の名前をノートに書いている。
そこへ、学、大輔、真奈がやって来る。
武志のために、血液検査を受けたいと言う。白血病と聞いてドナーのことを調べたのだ。
友達にも声をかけるために、他の人に言ってもいいか?聞きに来たとう。
深く頭を下げてお礼を言う喜美子。

縁側で、血液検査を受けてくれた人のノートを見る喜美子と武志。
「ありがたいな」と、しみじみ言う武志。

そのうち、血液検査を受けてくれた人からの結果の電話がかかって来る。
みんな適合しなかった。
縁側でノートを眺める喜美子と武志。
「全滅やな…」「全滅や」と二人。
ノートのまえに座り直し「ありがとうございました!」とお礼を言う二人。

ある日電話がかかり、喜美子が取ると。
ちや子「もしもし?わかる〜?」
喜美子「ちや子さん?」
ちや子「今な、おいしいコーヒー飲んでるとや、気分転換に出て来ーへん?」
喜美子「行きます!」と満面の笑みの喜美子。

感想コメント

今日は、周りのみんなが助けてくれるお話でした。ありがたいですね。照子たち、武志の親友が申し出てくれるところは、涙が出てしまって…。

でもひとつ、辛いシーンがありました。武志が病気のことを親友たちに打ち明けるシーン。
白血病やねん…というと友達は、何言うてんねん?元気やん?3年?治療が終わるん?それでどうなるん?と、信じられないという気遣い?をするのですが、病気の本人は目を背けたい現実を説明(説得)することになるという、複雑なシーン。気遣いというより、信じられないという描写です。
持病がある人には、辛いシーンに見えますが、健康な人には友情シーンに見えたのでしょうか?気になります。

闘病生活を送っている人には、こういう場面が多々訪れますが、聞いてくる人にはなかなかそこまで理解はできません。病気?何の病気?大変ね、病院いってね、治りそう?仕事やすんでるの?給料は?生活どうしてるの?…と、おきまりの質問をします。この質問の先には、働けなくなって、実家で居候しています。とか生活保護もらってます。とかいう説明にいきつきます。そんなこと言わせて気まずくなったりします。(言わせたい人もいるかもしれません。)
興味本位で聞く人、精一杯話を聞こうとしてくれる人、知ってることを総動員して治療法を提案してくれる人、働けてないと言うことに突っ込まずにいられない人…様々です。
今日のシーンで、そんなことが想像できる人がいたらよかったと思いました。

 

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ