広告




朝ドラ「スカーレット」第33話 姉ーちゃんなんか大阪行ってまえ。

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

母・マツが倒れたと嘘を聞かされて信楽に戻った喜美子でしたが、真実を知って翌日には大阪へ戻ることにしました。
翌朝、喜美子が駅に向かうと妹の百合子が一緒に行こうと追いかけてきます。喜美子は学校はどうしたのか?と聞くと、病院にマツの薬を取りに行くのだという。喜美子が代わりに行くと言っても百合子は気が進まない様子。そこへ直子がやってきて、余計なことを言うなと百合子に釘をさす。
どういうこと?かと直子を追求するが直子も話したがらない。

そこへ同級生の信作が通りかかるが、新作はこのことを知っていた。どうやら、病院にツケがあって大人が行くと支払を催促されるので、子供の百合子に行かせてるようなのだった。

真実を知ってショックを受ける喜美子。
喜美子「薬代も払われへんなんて…」
直子「姉ちゃん知らんやろ。ウチが泥棒にやられた後、お父ちゃんオート三輪買う言うてえらい借金して、買うたはええけど一人でイキがって、張り切って、張り切りすぎてアホや、足くじいて、お父ちゃんずっと仕事でけへんかった。ほやのにずっと 飲んでばっかりで飲み屋にもツケ溜まって、借金どんどん増えて…お米も肉も卵も…」文句がいつのまにか泣きに変わる直子。
それを聞いて喜美子が直子を引き寄せるが、拒否する直子。

直子「大阪もどれ、大阪行ってまえ、姉ーちゃんなんか…ううう…」直子をしっかり抱き寄せる喜美子。
百合子「やめてーや」と泣きながら止める百合子。抱き寄せる喜美子。
妹たちを抱きしめ、川原家の現状を噛みしめる喜美子。

 

 
オープニング

川原家の庭先。マツが慣れない手つきで薪を割っている。そこへ喜美子が戻ってくる「そんなんお父ちゃんにまかし」とマツに言う。
マツが「戻ってきたのか?」と聞くと、薬を差し出す喜美子。全てわかってしまったと悟るマツ。
喜美子「…ちょっと払ろてきた。他にもあるんやろ?お父うちゃんどこ?」
マツ「仕事や、火鉢運んではる」
喜美子「お父ちゃん、ちゃんと仕事してんの?くじいたとこ痛いとか言うて、さぼってるんちゃうの?」
マツ「余計なこと…大阪戻り」
喜美子「戻るよ。戻るけど、全部でなんぼ溜まってんの?」
マツ「なんとかなるよ」
喜美子「ならへんから、ウチを呼びつけたんちゃうの!」と強く言う喜美子。

 

 
川原家の茶の間。ちゃぶ台にツケの覚書がいっぱいに散らばっている。
そろばんを弾きながら大声でゲラゲラ笑っている喜美子。不安げなマツ。
喜美子「もうあかんわ、もうあかんで、笑わなしゃーないで」と諦めの笑いが止まらない。
マツ「なに笑ろてんの、笑い事とちゃうよ」とつられて笑う。
喜美子「こんなツケツケ、ツケツケて、これ全部ツケや…」
マツ「次から次へ、お父ちゃんツケにしてくるんよ…」
最後に1円のツケが出てくる。皆さん優しくて足を怪我した時も親切にしてくれたので、常治はきっちり返すと言っているらしい。
マツは、内職も頑張っているが追いつかないという。

しかし落ち着いて…
喜美子「まあ、だいたいわかった。少しお金あるし送るわ。仕送りも増やす」
マツ「お金だけちゃうねんよ、お父ちゃんは喜美子に帰ってきて欲しいねん」
今回、常治は丸熊陶業で雑用を募集しているのを聞いて、喜美子を雇ってもらえるように話をつけたと言う。
常治との馴れ初め?を聞いて、マツとお茶を飲んでから、家を出る喜美子。

 

 
丸熊陶業。喜美子がやってくる。社長と絵付けの職人がもめているようだった。
そこへ照子が帰ってくる。
照子「喜美子?」驚き喜ぶ。
喜美子「あ、てるこ…」あっさりしている。
照子「なんでここにおるん?私が午前中に学校終わる知ってて会いに来てくれたん!」と喜美子にしがみつく。
喜美子「お父さんに会いにきたんや、けど取り込んでるみたいやし…はなれ、はなれ」と、いつもの塩対応。

照子「話やったら私が聞いたげるわ。喜美子が大阪引き払ったら、丸熊陶業で働くいう話やろ?」
喜美子「雇ってくれるのん?」
照子「今度こそほんまや」
喜美子「ありがとう」と立ち去ろうとする喜美子。
照子「帰るん?」と腕を掴み引き止めて、
照子「喜美子がいいひんと寂しい。喜美子はウチがおらんと寂しい…まってるで、帰ってきてな」といつもの調子。
喜美子「またな」と少し表情が緩む。歩き出す。
照子「絶対やで、信楽帰ってきてな、きーみー…」と大声。
喜美子「うるさい!」と笑って返し、去って行く。

 

 
大阪の荒木荘。常治の電報を見ている雄太郎とさだ。「キミコモドラン、スマン」 「キミコモニモツオクレ、スマン」と読み上げる。
「はー…」と落ち込むようなさだ。雄太郎も心配そう。
「お母さんがよっぽど悪いんでっしゃろな、しょうおまへんな。はぁ」と大久保が風呂敷包みを二つ持って入ってくる。
「きみちゃんの荷物こんだけ?少ないな…」たったこれだけの荷物…と悲しそうな大久保とさだ。
さだ「明日、運送屋さんに送ってもらうように頼むわ」
大久保「ほなお給金もな」

そこへ「ただいま戻りましたー」と玄関から喜美子の声がする。
慌てて駆けつけるみんな。そこにはいつもの明るい顔の喜美子が立っていた。

 

感想コメント

今日はヤマが多くて追いきれません。とりあえず冒頭の姉妹のシーン。うまく書けないんですが…小さい百合子にまで借金の心配をさせて、百合子は子供なりに気を使い、直子もとうとう文句を喜美子にぶつけて…でも最後は泣いてしまう。そんなことを初めて知った喜美子。姉妹それぞれの辛さが溢れ出しました。喜美子は、かわいそうな妹たちをしっかり抱き寄せる、とても悲しいシーンでしたね。直子がとてもかわいそうで、初めて感情移入ができましたし、しっかり抱き寄せてあげて…と見ていました。
きみちゃんは「私がなんとかしないと」と、川原家に戻って借金を洗い出します。そろばんも達者になって、借金を把握して笑うしかない状況。腹を括ったのでしょう。荒木荘か信楽で自分が働いて返していこうとこころを決めているはずです。常治さんを抑えるためには信楽戻るかないのかもしれません。荒木荘のみなさんとお別れは悲しいですね。
久しぶりに会った照子ですが、喜美子は相変わらずの塩対応でした。でもコンスタントにまとわりついてくる照子に、最後はにっこりしていましたね。力をもらったようです。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ