広告




朝ドラ「スカーレット」第145話 泣き崩れる武志

スカーレット あらすじリスト
スカーレット 概要、キャスト
スカーレット ドラマブログ
スカーレット ドラマイラスト
スカーレット カテゴリー全記事
信楽・スカーレット 基本情報[→]
信楽・スカーレット 関連情報ブログ[→]

 

あらすじ

 
定期検診で、県立病院に来ている武志。
武志は、作品が完成したことを報告し、大崎、看護婦の山根さんも見に来て欲しいという。
検診結果は、特に問題はなかったが、武志は気になることがあるという。

武志は病院の廊下で、先日亡くなった智也の母に会う。
そこで智也の遺品として「河原たけしさんへ」と書かれた一通の封筒を渡される。

河原家。八郎と喜美子が台所でばたばたしている。
八郎が卵焼きを作るらしい。
武志が帰って来て夕食になる。
そこに、大崎から電話がかかる。武志の気になること(味覚障害)についてだった。

八郎は、武志に卵焼きの味見をさせる。
「おいしい」という武志だったが、すぐに「ごめん、味わからへんねん…」と本当のことを話す。
「八郎は、作品作りで疲れたんやろ。あの作品良かった、水だけやない、太陽を感じるわ。お父ちゃんができひんかったことをやり遂げた、僕を超えていったな」とちょうしの いい八郎だが、
武志は、真剣な表情のまま。
八郎「ちょっと身体休めたら、また、味もわかるようになるんちゃうか?はしたら、ほんまに美味しい卵焼き作ったるわ」
武志は、本気で言葉を荒げ「お父ちゃんの卵焼き、この先何回作ってもうても味わからへん。こんなんなる前に作ってくれや…」
武志「僕を超えていった言うたな、ようそんなこと言えたな。悔しないんか?負けんとやってやろうて思わへんのか!そういう意地はないんか?情けない思わへんのか?俺はがっかりや」
そう言うと武志は、隣の部屋にこもってしまう。

ふさぎ込む武志。喜美子が声をかけると武志が智也の手紙をみせる。
そこには、「川原たけしさんへ 俺は」とだけ書いてあった。
武志「何を書きたかったんやろ。勉強教える約束しててん。俺の作品ができたら、一番に見せる…」
武志「いつやったか、大阪遊びに行こういう話もしてた。好きな子がおるいう話も…バイクの後ろに乗せて琵琶湖一周したる…言うてたんや。書きたいこといっぱいあったんやろな…」
武志「それが、俺は…で終わってんねんで…俺は終わりたない。生きていきたい」と涙が止まらない。

喜美子にしがみついてなく武志。
隣の部屋で黙って聞いている八郎。

その晩。喜美子が、武志の作品を見つめている。
生きた水を写したその皿を見つめて、何かを おもいつく喜美子だった。

 

感想コメント

武志が、耐え切れず思っていることを吐き出しました。余命宣告されて、同じ病気の少年がなくなってしまう。どれだけ怖いことか…。もう今週は、あらすじを書く気がしません…是非、武志に普通の人生を。

↓↓↓ やまと尼寺精進日記を見るならU-NEXT ↓↓↓

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




ツールバーへスキップ